足の「人指し」指


Gaudete in Domino. Ora et labora. 主にあって喜べ! 祈れ、そして働け!
by nitonyan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:God Spell( 29 )

豆腐の根性っ!!

ああっ! 豆腐の根性っ!!!>自分っ



おとといのブログに、

「マザーに感謝っ
 久しぶりに息子と会話できたっ

 ただ、これに気を良くして、マザーの本を私が買ってきたりすると、今日の会話は台無しになるっ
 
 少しは母も学習したよっ〉息子〈笑っ」

と書いたばかりなのにっ!!


、、、、、、、買っちゃったっ>マザー・テレサの本っ!


マザー・テレサ日々のことば
マザーテレサ / / 女子パウロ会

1月1日から12月31日まで、毎日、マザーの言葉が書かれている本っ

ついでに、もう一冊買って、ある人にプレゼントまでしちゃった、、、、、





、、、、、なにを考えてるんだっ>自分っ<汗!




でも、、、、、


買ってよかったっ♪



たとえば、、、今日の欄には、、、

「3月11日
 
 お金をあげるだけで満足するのはやめましょう
 お金だけでは十分ではないのです
 お金なら、手に入れることもできます
 私は多くの人たちに、もっとその手を使って奉仕をし、心で愛してほしいのです
 どんな国にも、街にも、家庭にも、
 あなたの奉仕や愛を必要としている貧しい人がいることに気づいてください
 そういう人々のもとへ行き、最も求められているところで、愛と思いやりの心で、与えましょう
 皆と、愛することの喜びを分かち合いましょう」

こんな素敵なメッセージが365日分っ!!



これは、息子のためだけに買ったわけではないっ

自分と、息子の次に大切な人のために買ったんだから、、、、、大丈夫だよねっ


、、、、、きっと!



†神に感謝
[PR]
by nitonyan | 2008-03-11 23:12 | God Spell

とうとう、、

告白しちゃった~~……


と言っても、愛の告白じゃなくて、罪の告白っ!

カトリック教会には、罪の許しを神に願って、それを神さまに許していただく儀式がある
「告解」とか「ゆるしの秘跡」とか呼ぶ、いわゆる懺悔、、、

これを信者は一年に一度以上、受けなくてはいけないんだけど、これがなかなか敷居が高いっ!
実は私は、もう十年も受けてこなかった

だけど、、、、

今日、やっと、勇気を出して、「ある罪」について口に出して言えたっ!
もちろん、告解室という、よく映画にも出てくる密室で、小さな小窓(カーテンがかかっている)ごしに、特別な霊的指導の神父さまに小声で告白する
告白を聞いた神父さまは、神さまに代わって、その罪に対するゆるしを与えてくださる


とはいえ、これは全て信仰上のことで、信者でない人にとっては、歴史で習った「免罪符」しかり、ただ、人間同士が罪のゆるしごっこをしているようにしか受け取れないだろうけれど、、、、


ただ、私はこの「罪」を教会で口に出すのに、7年もかかった、、、、

カーテンごしに、神父さまが、
「あなたの罪はゆるされました」
とおっしゃったとき、私はまるで頭から大量の水をかぶったように感じた、、、、
まさに、洗い流された感じっ!


もちろん、今日告白できなかった罪もたくさんあるだろうから、これで清廉潔白ては言えないかもしれないけれど、、、、、

とにかく、再来週の復活祭に向けて、一つ準備ができて、今は心の底から嬉しいっ!

あとは、許された喜びを、今度は私が他の人を許し、感謝して生活していくことで返していかなくてはいけないっ


本当に、肩の荷が一つおりた気がして、やっと少し平安、、、、


†神に感謝
[PR]
by nitonyan | 2008-03-09 13:11 | God Spell

絶望の夜と、明日の希望

駅を降りて、駅前のスーパーでいつものように買い物をして、外に出た途端、、、、





「絶望」が降ってきたっ

いままでにない量の「絶望」が降ってきたっ

どんなに心を強くして、「希望」を思い出そうとしても、ダメだった




家までの10分の道のりを、泣きながら歩いた


ときおり、声を出すことをこらえることもできなくなって、声をあげて泣いた








家につくと、先日頼んでおいた、女子パウロ会の通販の品物が届いていた


頼んだ品物は、先日の息子の成人の祝別のときに、たくさんお世話になったり、たくさんお祈りくださった方々へのささやかな、本当にささやかな贈り物だ



自分のためにCDも買った

Hope
Sheila Walsh / / Integrity -- Word --



なんてことだっ!

「Hope」

つまり「希望」!!

なにげなく買ったCDだったのに、こんなひどい絶望の夜に届くなんて、、、、



包みを開き、CDプレーヤーにセットした

その音楽を聴きながら、、、、



一筆箋に
「主の御復活 おめでとうございます」
と何枚も書き、一枚一枚を贈り物と一緒に封筒に入れた
封をする前に、封筒のなかに息を吹き込んだ
(神さまの祝福が豊かでありますように、、、)
そう、祈りながら、、、、、


贈り物を準備し、祈るうちに、涙が乾いてきた






頼んだ商品といっしょに、一枚のしおりが入っていた


マザー・テレサ

「たいせつなのは、
 どれだけ たくさんのことを したかではなく、
 どれだけ 心をこめたかです」


私、、、、

毎日を、どれだけ心をこめて過ごしてきただろう、、、、



明日は、息子の学費を振り込んでくる予定、、、

「どれだけ たくさんのことを したかではなく、」

今まで、

(息子のために、これだけのお金を払ってきたんだから)

と、どれだけ傲慢な心だったことか、、、

「どれだけ 心をこめたかです」

払ってきたお金の額ではなく、作った食事の量ではなく、掃除をした回数ではなく、、、、

どれだけ、息子のために心をかけてあげられたんだろう、、、、


せっかく乾いた涙が、また溢れてきた


でも、今度は「絶望」だけじゃなかった

明日からの「希望」が、ほんの少しだけ混じっていた気がする、、、、、



†神に感謝
[PR]
by nitonyan | 2008-03-05 22:53 | God Spell

日本語で歌えない、、、癖

Gospel Legend」のコンサート、最終日に行ってきたっ

最近の日本のゴスペル界、あるいはクリスチャンミュージック界は、今までのように英語のゴスペルを歌うだけではなく、自分たちの言葉「日本語」で神を賛美する歌を発信しようとしている
これが「Jゴスペル」!
表現方法はDJ、ラップ、ヒップホップダンスなど多様っ
でも、どんな表現方法を使おうと、その根底には、神への感謝と賛美があるっ!

途中、私にはどうしても理解できない、というより、肌に合わないような曲もあったけど、、、、

最後の最後、日本語判「Amazing Grace」を観客も一緒に大合唱!
舞台にいた出演者もバンドのメンバーも一人残らず舞台から降り、誰もいなくなった舞台にはひときわ輝く十字架っ!
静かに輝いている十字架を目の前に、出演者も観客も全員が客席でアカペラで日本語判「Amazing Grace」を歌う場面では、思いがけず涙がこみ上げた、、、、


ただ、流れがどうであれ、私自身は、これから日本語のゴスペルをガンガン歌っていきたいとは、実は思っていないっ!

日本語で神を賛美するなら、所属する教会(カトリック教会)でも歌えるっ
もっとポップなものがよければ、フランシスコ会のブラザーたちが、実は三十年も前から自作曲を山のように作っているっ
ブラザーたちだけじゃないっ!
各地の教会の青年会のメンバーたちも、たくさんの日本語の歌を作っているっ!

だけど、今日のコンサートは良かったっ!
若い人たち、頑張ってるなぁ~~っと、素直に応援したくなるコンサートだった



今日のコンサートを聴きながら、、、、

どうして、私がゴスペルを歌おうと思ったのか、その理由の一つを見つけたっ


私がまだ独身の頃、通っていた教会では、ラテン語の歌をたくさん歌った
私も聖歌隊に所属して、いくつものラテン語の歌を歌うチャンスをいただいた
私は、ラテン語の聖歌が、実は大好きだった
もちろん、日本語の歌だって好きだったけど、、、、、

ところが、、、、

今、ゴスペル界に吹いている風、「日本語で歌おう!」という気風は、もう何十年も前からカトリック教会にもあって、しだいにラテン語の歌は歌わなくなっていった

そんな時、英語のゴスペルを歌うことに出会った

日本人は、どんなに欧米化が骨の髄まで沁みこんできたとしても、やっぱりシャイなんだ

「神さま、ありがとう!」
とか、、、
「神さま、大好きです」
とか、、、
日本語で口にすると、、、、なんか嘘っぽいと感じてしまうっ
そんなひねくれた性質が、私の骨の髄の髄の髄、髄、髄、、、、、ずいずいずっころばしっ♪じゃないけど、とにかく染み付いていて、それでも神さまを賛美する歌を歌いたくて、探しているうちに、英語のゴスペルを歌うことにたどり着いたっ

そんな、感じっ、、、、、

面倒だけど、、、、これが私っ

だから、自分の所属しているクワイヤが、これから日本語の歌を多く歌うようになったら、、、

クワイヤ、辞めると思う、、、、、


そんなことを思いながら、、、

それでも、若い人たちの「今」を発信する熱に吹かれて、気持ちよい夜だった


†神に感謝
[PR]
by nitonyan | 2008-03-02 21:46 | God Spell

ハレルヤっ!

クワイヤ初の自主コンサートが無事に終わりましたっ
朝早くからの通し稽古、場当たり、そしてサウンドチェック、着替え、、、、
私は今日、何度も会場から逃げ出したい衝動にかられました
今まで何十回と舞台に乗ってきて、こんな気持ちになったのは、生まれて初めてです
それでも逃げずに、最後まで舞台をつとめられたのは、今日まで一緒に練習してきたクワイヤの仲間たち、寒いなか会場まで聴きに来てくれた方々、そして遠くから祈ってくださった方々、そして、私の勝手な選曲に短い時間で付き合ってくれたSちゃんのおかげです
もう、それだけで充分です
歌の出来、特に初挑戦のデュオの出来は、今は振り返る余裕もありません
こんな私でさえ、多くの方々に支えられている!!
そのことだけで、今でも涙が溢れてくるほど、心にしみた1日でした

今日、お会いした方々、お会いできなかった方々、すべての人に心から感謝の気持ちを捧げます
もちろん、すべてを計らい、すべてを見守ってくださっている神様にも感謝っ

ゴスペルを歌うことは、私にとっては祈ること、、、

これからも細く長く歌い続けようと、あらためて思いました

今回、初ソロ&デュオに挑戦した曲は「Breath of Heaven
ちょっと歌詞が違っているけれど、、、



†神に感謝
 皆さんの上にも、神様の豊かな恵みが降り注ぎますように、、、
[PR]
by nitonyan | 2008-01-20 23:25 | God Spell

再会カラオケ

昨年、東北に嫁いで行ったゴスペルのクワイヤのメンバーのKちゃんが帰省
彼女から
「良かったらカラオケ行きましょ~」
と、メールが入った
「Hちゃんも一緒よ~」
Hちゃん、というのは、やはり昨年クワイヤを退会しているメンバーだ

、、、、実は私も休止中っ

ということで、現在はクワイヤでの活動をしていないソプラノ(Kちゃん)、アルト(私)、Hちゃん(テナー)の三人でカラオケっ
(KちゃんとHちゃんは昼から、私は5時半までの仕事を終えて6時から参加)

まずはラブ×2のKちゃんっ
ダンナさまから買ってもらったという、ハート型のクリスタルのついた髪飾りをして、幸せいっぱいっ
「今度こそ、死ぬまで一緒にいたいのよ」
彼女は二度目のウエディング
「彼がね、生命保険に入っていて、受取人が私になっているから、安心してねって言ったから、
 私は彼に、ちゃんと定年までお仕事をして、老後も一緒に過ごしましょって言ったの」
もう、何を聞いてもラブ×2! ごちそうさまです~~~っ♪

つづいてHちゃん
彼女は昨年の5月ごろから急にクワイヤに顔を見せなくなって、そのまま退会
「実はね、、、」
クワイヤの目指す音楽と、彼女の目指す音楽性の違いから、彼女が退会したのだと思っていた私は、彼女の話を聞いてビックリした
「大学二年生の娘が、去年の5月から急に大学にいけなくなっちゃって、、、
 病院に行ったら、パニック症候群だと言われて、それから、うつになって、、、
 私は仕事もやめて、毎日娘といっしょに家にいたのよ
 そしたら、私自身もうつっぽくなっちゃって、、、、、」
もしかしたら自殺してしまうかもしれないと思うと、一時も娘さんから離れることができなくなっていったという
「でも、このままじゃいけないと思って、たまに娘が調子が良いときに、ひとりでカラオケに行って、何時間も歌うことにしたの
 私、やっぱり歌うことが大好きなのよね~~」

私も、昨年の息子の引きこもりの話から、父の急逝、そしてゴスペルを休止して、これから少しの間はフラメンコに集中することに決めた経緯を話した

再会の喜び、各人の今までの近況報告、、、、

それから、気持ちを入れ替えて、カラオケ再開っ!
「ちょうど三つのパートが揃っているから、アメイジング・グレイスでも歌わないっ?」
ということで、3人だけのクワイヤでアメイジング・グレイスを歌った

ご実家のご家族が心配するからと、Kちゃんは7時半に帰宅
その後も、Hちゃんと私のふたりで11時半まで歌い続けたっ
「Nちゃんとは、初めて会ったときから、他人のような気がしないのよっ」
日本酒をあけながら、何度も何度もHちゃんはそう言ってくれた

「子どもってさ、元気で生きてくれていたら、それだけでいいのよねっ」
というのが、Hちゃんと私の二人の結論っ
「親は、子どもが元気で笑っていてくれれば、それ以上望むのは間違いよねっ」
「息子が引きこもっているあいだ、私ね、できるだけ能天気にふるまっていたの」
「私もおんなじよ~~っ!」
「ご飯を作ったり、お風呂を沸かしたりするときも、家にいる間はずっと歌ったり踊ったりしてたわ~」
「私もっ! 自分で、自分がおかしくなったんじゃないかと思うぐらいっ」
「そうでもしていないと、子どもが引きこもっている家にいられないよねっ」
「そうそうっ!」
「狭い家だから、家のなかで泣くこともできないしね~~っ」
ふたりで共感できることは、実に多かった
それでも、うちは息子が夕張メロンと京都座禅修行で、戻ってきてくれたからまだいいけれど、Hちゃんの娘さんは未だに迷走中っ
「人生も折り返し地点を過ぎると、いろいろなことがあるわね~~
 だけど、これからこそ前を向いて歩いていかなくちゃねっ」
そう言って彼女が見せる横顔はとても辛そうだったけれど、生きることに真正面から立ち向かっている凛とした強さも感じられた

「また、たまには一緒に歌おうねっ」
そう約束して、再会の夜は終わった、、、、、

おととし、ゴスペルを始めたことで、私の人生は大きく方向を変えた
それは、ものすごくシンドイことも多かったけれど、とても素晴らしい人との出会いも多かった
Hちゃんとの出会いもその一つっ
私の計り知れないところで、私をゴスペルにいざなうものがいたことを、再び私は確信したっ


†神に感謝
[PR]
by nitonyan | 2007-01-06 23:59 | God Spell

ゴスペルライブ!

NYハーレムゴスペルクワイヤのライブに行ってきた

来日したのはえりすぐりのメンバーだから、全員がソロをとれるほどの実力っ
ソロがすごいのはもちろんだけど、そういうメンバー構成のコーラスはもっとすごいっ!
個性的なメンバーなのに、コーラスになると、みごとに息が揃っているっ!

そして、、、

ある曲を歌いおわったメンバーたちが、各自ステージ上で祈りと感謝を神にささげていた
ゴスペルって「祈り」だったんだと、あらためて感激した
逆に、、、
「祈り」のないゴスペルって、、、、、?

なんだか、大きな宿題をもらったような気がする


社会復帰第一弾、ゴスペルライブ鑑賞は、無事に終了っ

だいじょうぶっ!
きっと、いままでの自分に戻れるよっ!

†神に感謝
[PR]
by nitonyan | 2006-12-03 20:32 | God Spell

もうすぐ1年っ

児童センターのおはなし会の後、おやこ劇場のサークル会兼食事会に顔を出し、そのまま美容院へっ
しっかり伸びてしまった白髪をヘナで染めて、ごっきげ~んっ♪
家に帰って夕飯の支度(今夜はビーフシチュー)
それからゴスペルの練習に行ってきましたっ

今回の曲目は実にバラエティに富んでいるため、曲目によってカラーを出すのが難しいっ
特に元気印のアルトは、元気な曲目は得意なんだけど、バラード系の曲目に苦労しちゃう、、、
でも練習の成果っ! 今夜はものすごく綺麗にハモれた気がするんだけどっ?

d0008131_22554468.jpg
途中の休憩時間に、先日の地域まつりでのフラメンコライブの写真を披露~~っ♪
写真ながらも、臨場感が伝わったみたいっ
「ここ、どこ? スペイン?」と好評でしたっ




一日じゅう、あっち行ったりこっち行ったり忙しい一日だったけど、最後の予定がゴスペルだと、いつものことながら、ものすごく元気に夜道を帰ることができます~っ
ゴスペルを始めてよかった~~っ!!

そして、今度の日曜日には、私がゴスペルを歌うことを決めるきっかけになった市内の音楽祭っ!
あれから、もうすぐ1年が経ちます
今年も連盟の理事さんたちのおかげで、影マイクながら司会進行&アナウンスを勤めさせていただきますっ

まだまだ私の声がお役にたつ場があるようで、、、

†神に感謝
[PR]
by nitonyan | 2006-10-19 22:58 | God Spell

信仰・希望・愛

今日は、今年3度目の「寿イベント」っ♪

何もかもが手作りの、素敵な結婚式&ウエディングコンサート!
ゴスペルのクワイヤのディレクターとピアニストの結婚式っ
なので、コンサートでは私たちクワイヤも他のクワイヤのメンバーとともに歌を歌うために参加した
歴史のある小さな教会は、とてもアットホームで、それぞれの信者を「○○兄弟」「○○姉妹」と呼び合い、人生の時間を共有する共同体「神の家」そのものだった
花嫁であるディレクターが式の中で「Amazing Grace」を歌って神に捧げた
もちろん伴奏は新郎であるピアニストの先生っ
心をこめた歌声に、なぜかしら涙が溢れてきた

今年になってからオラクルカードをひくと、頻繁に出てくる結婚の天使「Daniel」
それは、私自身の結婚を暗示するのではなく、こうしてたくさんの結婚式に参列することをいざない、そこから私に何かを伝えようとしている気がする、、、
「もう一度、結婚とは何かを深く考えなさい」
「もう一度、家庭とは何かを深く考えなさい」
参列する結婚式を通じて、そんなメッセージが届いているのかもしれない、、、

「しかし、創造の初めから、
 神は、人を男と女に造られたのです。
 それゆえ、人はその父と母を離れて、ふたりの者が一心同体になるのです。
 それで、もはやふたりではなく、ひとりなのです。
 こういうわけで、人は、神が結び合わせたものを引き離してはなりません。」
                                   (マルコ10:6-9)

†神に感謝
[PR]
by nitonyan | 2006-09-23 23:03 | God Spell

♪MY SOUL LOVES JESUS

♪MY SOUL LOVES JESUSR

MY SOUL LOVES JESUS
MY SOUL LOVES JESUS

PRAISE PRAISE PRASE~~~

PRAISE HIS NAME!

WHEN I THINK OF HIS GOODNESS.
AND WHAT HE'S DONE FOR ME
HOW HE DIED ON CALVARY JUST TO SET ME FREE

I LOVE YOU, I LOVE YOU, I LOVE YOU
BLESS YOUR NAME!



今日のゴスペルの練習は、ひとりだけ欠席、あとは全員集合っ!
なんたって、再来週の土曜日には、クワイヤで一番の寿イベントが控えているもんね~っ
そのため、今日は、練習の後に、ディレクター&ピアニストに結婚祝いの品を贈呈っ♪
結婚して数年の、若いメンバーが準備してくれたお祝いは、手作りのリングピロウとフォトスタンド、クワイヤの名前入りのワインとペアのワイングラスっ♪
そして、いよいよ結婚式には、寄せ書きも贈っちゃうっ!

教会での結婚式の後には、そのまま聖堂でゴスペルのコンサートがあって、私たちクワイヤもゴスペルを歌う
今日は、そのコンサートで歌う曲の練習と、来月はじめに予定されている地域のクワイヤが集合するコンサートで歌う曲の練習
6月のミニライブ、8月のミニライブ、そして9月の結婚式、10月のフェロウシップライブ、11月の文化祭と、盛りだくさんのイベント続きっ!
その後12月にはクリスマスパーティーだって続いちゃうっ!
ゴスペルクワイヤにとって、秋からクリスマスまでは、まさにオン・シーズンっ♪

そうこうしているうちに、私もクワイヤに入って1周年になる、、、、、

素晴らしい仲間たちと出会えた奇跡に、感謝っ!

+神に感謝
[PR]
by nitonyan | 2006-09-14 23:19 | God Spell

「親より出世するよ」
私の母は、私にそう言い続けた

「親より出世するよ」
そう息子に言ったとたんに、はじめて私は、私の母の気持ちが理解できた

「親より出世するよ」
それは、
「親より出世してほしい」
という親の願いと、期待だった、、、

「La Postal 1日1信」

最新の記事

そんなこと思ってるんだ、、、
at 2012-10-23 22:08
今日からウインナー3個ずつ
at 2012-08-11 08:38
門出
at 2012-08-09 20:25

ファン

ブログジャンル

画像一覧