足の「人指し」指


Gaudete in Domino. Ora et labora. 主にあって喜べ! 祈れ、そして働け!
by nitonyan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Duende( 63 )

心を決めましたっ

発表会から2週間っ

☆7月23日

発表会の4日目、7月の最後のレッスンがありました
気持ちのなかではまだ大いに迷っていながらも、どこか
(最後のレッスンになるかも、、、)
という気持ちをかかえて、今まで一緒に頑張ってきたクラスメイトと先生に、お気に入りのお菓子を買って出かけました

「お世話になったから~~っ」
と言って、一人ひとりにお菓子を渡しました

レッスンは、もう次の曲が始まりました

当初、ソレア・ポル・ブレリアという速い曲をする予定だったのですが、、、

「今回のティエントと同じぐらい難しい振り付けなので、、、」

ということで、ソレアに決まりました
でも、お教室で最初に習うソレアではありませんっ
「ええ? あのソレアですかあ~~っ?」
と、私がちょっともらした言葉を、先生が覚えていてくれて、違う振り付けのソレアになりました

ソレア、、、、
超カッコいい~~~っ、、、、

、、、、、、決心がますます鈍りますっ

☆7月25日

近くの、喫茶店&レンタルスタジオで、フラメンコ愛好家の集いがありました
仕事帰りに寄ったのですが、、、
みんな、素敵な方々ばかりっ♪

お酒の勢いもあって、1週間前に撃沈したティエントとタンギージョを踊らせていただきましたっ
はじめて曲の構成を自分で説明して踊りましたが、、、、
曲の構成の説明って、、、難しいっ!!

でも

やっぱりフラメンコって、楽しいっ♪


☆7月26日

お友だちの紹介で、プロのギタリストさんの伴奏で踊るチャンスがありました
今回も、自分で曲の説明をしなければなりませんっ
前夜の反省をもとに、再度、説明の方法を考えて臨みましたが、、、、、

他の踊り手さんたち、レベル高っ!!

それぞれタブラオでソロで踊っているセミプロの方々ですっ

私、、、、完全に場違いっ!!

踊らずに帰ろうと決心した矢先、紹介してくださった友達が、躊躇する私の背中を思いっきり押してくれて、、、、
ダメでもともと!と、曲の説明をして、一人で前に出て踊りました

昨夜の反省もあったから、昨夜より上手く説明できた気がします
しかも、昨夜のセミプロのギタリストさんとは違う、今回は超大物のギタリストさんっ
つたない私の説明と、つたない私の踊りから、曲の構成を読み取ってくださって、バッチリ合わせてくださいましたっ

その後の飲み会で、次はタンギージョを踊る約束までしてきちゃったっ♪

フラメンコは、他の舞踏と違って、即興性のある踊りです
とはいえ、私たち生徒は、先生の言うとおりに踊って、音楽スタッフへの説明も先生がします
発表会当日に、音楽スタッフが打ち合わせとちがう演奏をしたとしても、今回は先生との群舞だったので、何かあっても先生に従えばよかったのですが、、、、

ひととおり曲の説明をして踊り、それだけでは伝えられなかった部分は、少しずつあわせていく、、、
踊りながら、ギターを聴き、歌を聴いて、踊りを変えてみる、、、
そんなやりとりも、フラメンコの醍醐味ですっ

今回の、プロのギタリストさんとの練習会で、やっとフラメンコの入り口に立てた気がしました


☆7月30日

フラメンコを続けたいっ!
でも、このままでは、生活が成り立たないっ!

その堂々巡りのなか、なかなか「教室をやめる」というファックスが遅れないまま、日々が過ぎていきました

そんなとき、突然、居間の大きなエアコンから変な音がっ!!!!

、、、、温かい風が流れてきますっ!!

エアコン、壊れましたっ!

仕事が休みの木曜日の朝、出かけるまえに、先生にファックスを送りました
「しばらくレッスンを休みます」
一緒にレッスンを受けていた友だちへも、メールを送りました
「嘘でしょ?
 涙が止まらないよっ!!」

出先の、ほんの少し時間があいたときに、電気屋さんに寄って、一番安いエアコンを注文してきました
工事費を含めて6万円っ!
レッスン代4ヶ月分っ!

もう心は揺れません

しばらくレッスンをお休みして、でも、フラメンコは辞めたくないので、なんとかつながる方法を探しますっ


☆8月2日

今日の夕方、注文していたエアコンが入りました

夕飯は、息子の大好きなピザにしました


今までのように、毎月4回のレッスンに復帰するのは、息子がなんとかなってから!
それまでは、月に一回~二回の30分の個人レッスンでソレアの振り付けを習い、あとは自主練習っ!
そして、たまに参加する練習会や短期講習会で、フラメンコと向き合っていきますっ!

ソレアのいっぱい入ったCDを注文して、届いたら、ずっと聞き続けますっ


まだまだフラメンコは続けますっ!!!!!

そうめんのように細く細く細く細く、、、、、でも、長くっ♪
[PR]
by nitonyan | 2009-08-02 20:17 | Duende

決心が、、、、にぶる、、、、

フラメンコの発表会が、昨夜、終わりました

出来は、、、、今までで最悪っ!

下手なのは仕方ないので、ここで細かく書くつもりはありませんが、、、、



どうしても書いておこうと思ったのは、、、、、

お教室の先生や、一緒に習っている仲間たちの言葉、、、、


ありがたくて、、、涙が出そうです、、、、

More
[PR]
by nitonyan | 2009-07-20 12:00 | Duende

今年も発表会、出ます

今年のフラメンコの発表会、、、、

息子のニート状態が続くと、息子が支払う予定で借りた三年めの学費の問題もあって、出るかどうかを迷っていた

すると、先生から

「特別に、年末のボーナスまで待つから」

と言っていただいて、前向きに考えていたところ、さらに、もう一曲踊らないかとの誘いがあった

「踊りたいけど、経済的に無理」

と断っていたんだけど、踊りに必要なフラメンコ用の帽子が中古で手に入れることになり、思い切って出ることにした

more
[PR]
by nitonyan | 2009-03-26 23:35 | Duende

やっと、、、ゴールデンウイーク?

今年のGWは、お休みが多いので、いつもの定休日である木曜日は二回とも出勤っ
そのかわり、一日だけ他の日を交代で休むことになった

私の休みは、昨日の土曜日っ

せっかくの連休だけど、、、、旅行には行かないっ

そのかわり、2日間連続でフラメンコの舞台を観てきたっ


土曜日、、、、

フラメンコのレッスンのあとに、吉祥寺まで足を伸ばした
人気の教室の発表会っ
ここ数年、mixiのおかげで、教室以外のフラメンコ友だちが増えたっ
そのおかげで、いろいろな教室の発表会を見せてもらう幸運に恵まれているっ
今回も、その一つと足を運んだけれど、、、、

これが、ただの発表会じゃなかったっ!
一人ひとりの踊りは、それこそ足りない部分があるけれど、その気迫だけはプロ並みだっ!

ほんとうに、、、生徒なのっ?
、、、、、、、、、、プロじゃないのっ?

聞けば、その教室は、身体作りに重点を置いているという
なるほど、フラメンコは、身体なんだ
それに「気」が加わると、どんなに技術を駆使した踊りよりも、観る人を魅了する力があるってこと、、、、
私の先生も形にはとてもうるさいけれど、「形」じゃなく、形を作り出す「身体」「内筋」が大事なんだそうだっ

このお教室、、、、通いたいっ!
でも、、、、、、、、、無理だわ、、、、、

ないものねだりをしても始まらないっ!
今、私ができることに全力を尽くそうっ!

そう思える舞台だった


そして、今日の日曜日は、東京国際フォーラムでの「マリア・パヘス舞踊団」の公演っ

こちらは2年前に見た公演の再演っ
とはいえ、2年前に観たときには、私はまだフラメンコを始めて2ヶ月足らずっ
曲も知らなきゃ、マリア・パヘスのすごさもわからないっ

、、、、、今も、本当の意味ではわかっていないけどっ 汗

それでも、前から2列目という、ものすごく幸せな席で、世界的なフラメンコ舞踊を堪能したっ
正直、、、、、震えたっ!

そして、嬉しくなった

こんな素敵な舞台に通じる(?)ことを、やってることに感謝したっ!



次はいよいよ、自分の発表会っ

上手くいかなくて凹んでる場合じゃないっ


今、私ができることを精一杯がんばるっ!

それだって、いろいろな幸運の積み重ねがあってこそ、できることっ



フラメンコに出会えてよかった~~~~~っ!!!!!!!!!



†神に感謝
[PR]
by nitonyan | 2008-05-11 21:43 | Duende

新しいおもちゃ

7月の発表会で、ほんの短い部分だけど、ソロで踊ることになった

曲は「ファンダンゴ」カスタネット付き


このカスタネットが難しいっ


でも、、、、


新しいおもちゃをもらった子どもみたいに熱中しているっ


今夜は、夕方からB’zのライブっ

こちらも、私にとっては、年に一度のおもちゃみたいにワクワクっ♪


いいことの後には、、、、、、


いや、、、

考えないことにしておこうっ


雨の日もある
晴れの日もある
曇りの日もある

いろいろだもんね~~っ♪
[PR]
by nitonyan | 2008-04-26 11:28 | Duende

タンゴの夜

電気を消した部屋に、フラメンコのタンゴの曲が響く

スペイン語などわからないから、何を歌っているのかなんて、さっぱりわからない

それでも、どこか物悲しい旋律は、私の体中の細胞に、何かを語りかけてくる


フラメンコはやっぱり、楽しい曲より、暗い曲のほうがいい

遠く、故郷を追われてさまようジプシーの魂が叫んでる

どんなに苦しくても辛くても、パルマ(手拍子)が響き、ギターが泣き、誰かが絞り出すように歌い始めると、手が足が体が円を描いてを舞ってしまう

そんな刹那的な踊りを、いつか踊ってみたい……



あんなに大好きなフラメンコと、サヨナラする日が近づいてくる

こんな夜は、タンゴの旋律が、そんな、どうしようもない悪い予感を運んでくる気がする


タンゴを聴きながら、今夜は眠ろう

悪い予感が夢に変わることを祈りながら、、、
[PR]
by nitonyan | 2008-02-15 23:55 | Duende

惚れた!

なぜ、、、、?

なぜ、フラメンコを始めたんだっけっ?


それについて明確な答えを、私は持っていない


当時、いろいろなことに悩んでいた私に、友だちの一人が言った
「もう一回、舞台に立ちなさい」
それは30年近く封印していた、私のパンドラの箱だった

舞台=芝居
今でも芝居は好きだ
歌舞伎もミュージカルも好きだ
、、、大衆演劇だけは、どうしても好きになれないけれどっ
今はもう前時代の遺物になってしまっているけれど、小劇場の芝居が大好きだ
けれど、、、、
もう役者として舞台に立つ気はなかった
それを確かめるために、おととしの2月に、かつて大好きだった小劇場の芝居を観に行った
好きだけど、、、、自分にはもうやる気はない
それでも「もう一度、舞台に立ちなさい」友だちの言葉は、私の心の奥底に響いていた

そんなある日、ふと思った
踊りなら、、、と
二十歳のころ、ジャズダンスを習っていた
日本舞踊も習った
所属していた劇団の芝居でも、役者としては「その他大勢」から抜け出ることはできなかったけれど、踊りの場面ではいつも舞台中央で踊ることを許されていた

踊りなら、、、やってみてもいいかもっ

今はじめるとしたら、、、?

そんな風に考えているうちに、頭のなかに一つの言葉が響いた「フラメンコっ!」
10年ほど前に一度習いたいと思いながらも、経済的なことや時間的なことで断念したのがフラメンコだった
今はじめるなら、フラメンコっ!
動機は、それだけっ
それだけの理由で、フラメンコを習える場所を探した
そして出あった教室には、ものすごく上等の靴が中古で保管されていた
「上等の靴なんだけど、うちの教室にはサイズの合う人がいなくて、、、」
不思議なことに、私にピッタリの靴だった
カスタネットも「日本では買えないくらい良いものが、ちょうどあるんだけど、、、?」
先生がスペインで買ってきたものを、安く譲ってもらった
その後、スカートや衣装など、ラッキーなほど素敵なものをネットオークションで落とすことができた
「どうやったら、そんなに良い衣装を安く手に入れられるの?」
先生も驚くほど、モノにもチャンスにも恵まれている
フラメンコを始めて4ヶ月しか経っていないのに、教室の先輩たちと路上でライブをした
フラメンコを始めて1年で、初めての発表会で一曲通して踊るチャンスにも恵まれた

「Nちゃんとフラメンコは、出会うべくして出会ったんだと思う」
発表会を観にきてくれた友だちが、そう感想を言ってくれた

出会うべくして出会ったフラメンコ

でも、、、、、?

なんで今?

出会う必然があるなら、どうして今まで出会わなかったんだろう?

あと数年で、生まれてから半世紀が経ってしまう
正直、今もこれからも、身体も衰えるばかりなのに、なんで今?なんだろう、、、、

いつまで踊れるかわからないけれど、踊り続けることができる限り、この趣味は手放さないっ!

あと10年早く始めていたら、、、?

初めて私は後悔している

でも、10年前の私だったら、こんなにフラメンコを好きになっていたかしら?
今だからこそ、今の私だからこそ、こんなにフラメンコを好きになったんだという気持ちを否定できない

だから、、、

今、フラメンコを踊ってるんだ、きっと、、、、、


踊りを習っているとき、毎回毎回ものすごい難しさに打ちのめされてしまう
でも、しばらく練習をすると、いつしか不思議なことに、初めて踊った踊りじゃないような気がしてくる
レッスンの関係で、2週間もフラメンコを踊らない日が続くと辛い
毎日毎日レッスンCDを聴いていないといられない

「フラメンコ好きすぎて死ぬ!」
どこかのだれかが語ったこの言葉が、今の私にちょうどいい


やっと出会えたんだね、フラメンコ
いつまで付き合えるかわからないけれど、できるだけお付き合いくださいませ、フラメンコ
[PR]
by nitonyan | 2007-12-02 11:56 | Duende

フラメンコパズル

地域のお祭りでフラメンコを踊った、その日の夜から、、、、

すぐに一ヵ月後のイベントの準備が始まったっ♪

今度もまた地域のお祭り第二段っ!
場所も違えば、メンバーも違うっ
先日のお祭りはお教室の先輩たちとのイベントだったけど、今度のはまったく違うお教室の生徒さんたちの集まりっ
とうぜん習った振り付けも違うから、「みんな揃って同じ振り付け」にはならないっ!
セビジャーナスですら振り付けが微妙に違うっ

だからっ

「振り付けは自由でいいのよ~っ♪」

もともとフラメンコは決まった振り付けをただただ踊っているだけではフラメンコにあらずっ!
音楽を聴き、ギターを感じ、カンテ(歌)と共鳴して生まれてくる踊りがフラメンコっ!!

もちろんフラメンコを始めて一年半の初心者が、まったくの無から踊りを生み出せるわけもなく、仕方ないので今まで買い溜めたDVDをひたすら穴があくほどみつめては、、、
(この振り、いいかもっ♪)
と思ったものをつなぎ合わせて、自分が踊れるように複雑な動きをそぎ落として、音に合わせていく
まるでモザイク作業のような感じだけど、、、、

これが、実に楽しいっ♪

それぞれ短いフレーズながらも、あと一ヶ月のあいだに三つの踊りを生み出さなきゃいけないっ

でも、楽しいっ

苦しいけど、、、楽しいっ

そのために朝晩の通勤電車のなかでは、ずっとMDを聴きっぱなしっ
今まで観たDVDの踊りを思い出しながら、どんどんイメージをはめ込んでいくっ
すると身体がどうしても動き出してしまうっ
気がつくと、電車のホームで踊ってるっ
気付くとかなり恥ずかしいけど、、、、、、それでも楽しいっ

お教室で先生から習った踊りをマスターしていくのも楽しいけれど、こうやって必死でパズルピースをはめ込むようにして自分の踊りを作り上げていくのも楽しいっ
そして、それを発表できる場があることが嬉しいっ


神さま、感謝しますっ

本当に、フラメンコを始めてよかったっ

こんな楽しい時間をありがとうっ!
[PR]
by nitonyan | 2007-10-10 23:00 | Duende

1年ぶりの地域祭り

フラメンコを始めて半年、やっとセビジャーナスという、日本でフラメンコを習う人が最初に習う踊りが踊れるようになっただけの状態で、右も左もわからないまま参加した、昨年の地域のお祭り、、、

今年もその季節がやってきたっ!

今年踊る曲も昨年と同様、セビジャーナスとファンダンゴ

でも今年は、、、、、

最初のゆったりとした曲調のセビジャーナスはアバニコ(扇)を持って踊り、二つ目の軽快な曲調のセビジャーナスでは一人で踊り、ファンダンゴは4つの歌をそれぞれ4人のメンバーがソロで踊った
そしてフィナーレのセビジャーナスではパリージョ(カスタネット)を鳴らしながら、、、、

髪型も、昨年は1から10まで他の人に手伝ってもらっていたけれど、今年は出かける前に家で自分でモニョ(フラメンコ特有のおだんご)も作って行った
舞台メイクも、昨年は鏡の前で途方にくれていただけだったのが、7月の舞台で買い揃えた、メイク道具でサクサクっ♪
つけまつ毛だって迷わずサクサクっ♪


自分で言うのもなんだけど、、、、、

この1年の成長は目覚しいものがあったと思うっ


今思えば、、、、

昨年、あんな状態で、よく人前で踊ったものだと思う
でも去年、あんな初心者でも気持ちよく参加を受け入れてくれた教室の先輩たちの懐の深さに改めて感謝したいっ
去年の地域のお祭りで踊った経験が、今年の初めての発表会での何よりの糧になっていた
そして、こうやって、1年ぶりで地域のお祭りで踊る自分を「ずいぶんと成長したなあ~」と感じることができる

それでも、、、、まだまだ、、、、

フラメンコの世界は、宇宙に匹敵するほど深い


「人間、死ぬまで勉強だ」という言葉があるけれど、信長の時代ならもう人生の終末を迎えるような年齢で、新しい探求の道をみつけることができて、私は本当に幸せだと思う

身体が動くかぎり、経済的に許されるかぎり、フラメンコ馬鹿を続けていこうっ


そんな余韻にふけっている間もなく、ありがたいことに11月には他の地域のお祭りでのフラメンコライブの準備が始まった
11月は、今日の仲間とは違うメンバーで、しかも踊りはほとんどソロばかり
曲目はあいもかわらずセビジャーナスとファンダンゴ、そして発表会で踊ったアレグリアスの一部だけれど、教室が同じメンバーで行った今日のライブと違って、それぞれ違う教室からの参加者なので、自分なりに踊りもアレンジしていかないといけない
「振りは自由で、自分の好きなように踊っていいから」
これが実はフラメンコの醍醐味っ

お祭りで使用した衣装やメイク道具の後片付けをしながら、もう次のイベントでの踊りを考えるために、今までに買い溜めたビデオを流している


フラメンコ馬鹿、、、、

こんな幸せな人間は、そうそういないぞっと心のなかで笑いながら、、、、


†神に感謝
[PR]
by nitonyan | 2007-10-08 23:40 | Duende

初舞台、終わりました、、、

フラメンコの初舞台が終わりました、、、

大型台風の接近で大荒れの天気のなか、会場まで足を運んでくださった方々には、心から感謝しますっ
一所懸命に会場に来ようとしながらも、台風やお仕事の関係で来れなかった方々にも、心から感謝しますっ
「初舞台でアレグリを踊り通すなんて絶対に無謀だし、無理よ」と言いながらも、最後まで振り付けを教えてくださって、最後の最後まで細かい手直しをしてくださった先生にもありがとうっ!
自分一人ではできないモニョや髪飾りを手伝ってくださった先輩たちにもありがとうっ
連日のリハーサルの待ち時間のあいだ、励ましてくださり、当日も気持ちを盛り上げてくださった先輩たちにもありがとうっ
そして、練習の時間を合わせてくれたり、いろいろとアドヴァイスをしてくださった、一緒に踊ったMさんにもありがとうっ
それから、気持ちよくお休みをくれた職場のスタッフの皆さんにもありがとうっ



今日の出来は、、、、、

残念ながら、いつもの練習の3割ぐらいしか踊れませんでしたっ
最初の出も、ジャマーダも、レトラも、シレンシオも、エスコビージャも、パルマも、ブレリアも、、、、、
最初から最後まで、自分では一つとして満足には踊れませんでしたっ
ギターもカンテも、今までで一番良かったのに、、、
靴を滑らそうとすると思ったより滑らなかったり、逆にふんばろうとしたところで滑ったり、バランスを崩したり、、、
これが、生の舞台の怖さですねっ
30年ぶりに立った舞台は、想像していたより遥かに高い山でしたっ
それでも最後まで踊り抜いた、これだけが今日の私の◎ですっ



でも、、、、



間違いだらけの舞台だったけど、ものすごく楽しかった~~っ♪



1年半前、ある友人が私に盛んに薦めたのが、
「もう一度、芝居をしなさい」
ということでした
でも、どうしても芝居の世界には戻れなかった私は、どういうわけかフラメンコの世界に飛び込んでしまいましたっ
あの時、「もう一度、舞台に」と友人が言ってくれなかったら、今日の私はいませんっ
ありがとうっ>1年半前の友人っ


そして、もう一つ、、、
「100の練習より、一度の本番」というのは本当っ
一つの踊りを最後まで踊ることと、その踊りを舞台に上げるところまで作りこんでいくことは、まったく別の作業であることがわかりましたっ
今回は特に、最後の最後でたった2人で踊ることになって、2人で息を合わせることの難しさを痛感したけれど、助け合ったり、意見を出し合ったりして、学んだことが実に多かったですっ

またお金を貯めて、次の舞台を目指しますっ!!!

だから、お願いっ!
神さま、もう少し、私にフラメンコを踊る時間(とお金)をくださいねっ!


†神に感謝
[PR]
by nitonyan | 2007-07-14 21:31 | Duende

「親より出世するよ」
私の母は、私にそう言い続けた

「親より出世するよ」
そう息子に言ったとたんに、はじめて私は、私の母の気持ちが理解できた

「親より出世するよ」
それは、
「親より出世してほしい」
という親の願いと、期待だった、、、

「La Postal 1日1信」

最新の記事

そんなこと思ってるんだ、、、
at 2012-10-23 22:08
今日からウインナー3個ずつ
at 2012-08-11 08:38
門出
at 2012-08-09 20:25

ファン

ブログジャンル

画像一覧